バンクーバーのトラベル専用SIMカードとフリーWIFI事情:2020年

3931

海外旅行で今や欠かせない現地での短期滞在用SIMカード。ツーリズムが主要産業の一つであるバンクーバーでの事情はどうなの?っとカナダ旅行を考えている人は気になるはず。

さらに気になるのは無料で利用できるFree WIFI。できれば無料で使える方がありがたいのは言うまでもありません。

そこで今回は2020年版に更新したバンクーバーのトラベル専用SIMカードと無料WIFI情報を紹介します。

この情報はカナダの主要都市でほぼ同様なので、トロントやモントリオールなどに旅行するときにも役立つ情報です。

バンクーバー/カナダで購入できるトラベル専用SIMカードはない?!

トラベル専用SIMカードとは旅行している間の短期間、約1週間~10日間くらいだけ必要なSIMカードのことで、使い捨てSIMを指しますね。

バンクーバー、もしくはカナダで購入できる、そうした短期滞在用トラベル専用SIMカードは、バンクーバー空港の外貨両替サービス所で販売しているSIM Canada Mobilityが販売しています。Phone Boxでも3日間、1週間のサービスを始めたようです。

しかし、SIMカードを購入して、1カ月単位でプリペードプランを契約するサービスが圧倒的に多いです。

バンクーバーでプリペードプラン1カ月を購入して旅行用として利用する

これは特別に旅行者用という訳ではなく、半年や1年といった短期滞在者や一般カナダ人でも利用するプランです。

これを1カ月分だけ支払って、旅行期間中に利用するのが一般的。そうしたプランはカナダの各社が揃えています。

カナダ大手通信会社のプランで安心の通信網、ただし旅行用には不向き?!

カナダでは、Rogers、Telus、Bellという大手通信3会社がほぼ独占的に携帯電話を手掛けています。各社はそれぞれに子会社として格安携帯会社を持っています。

RogersがFidoとChatr、TelusがKoodoとPublic Mobile、BellはVirgin MobileとLucky Mobileです。

こうした子会社は親会社よりやや安めのプランが設定されています。利点は価格が安めの設定だけど、通信網は親会社のを利用するので比較的安定していることです。ただし、旅行用専用SIMというものは存在せず、あくまでも1カ月のプランとなります。それに格安というほど安くはありません。

最近では、やはり大手通信会社Shawが携帯事業に参入し、Freedom Mobileのサービスを開始。第4の携帯会社を目指して積極的に事業展開しています。そのため格安会社に対抗する格安プランを用意しています。

最近プリペードで人気はセブンイレブンとフォーンボックス、空港でもSIMカード入手可能

セブンイレブン

手軽に使えるプリペードプランとして、相変わらず、短期滞在者に人気があるのはセブンイレブンのサービス。プリペード専用で利用期間は最低30日から。SIMカードはどこにでもあるセブンイレブンで手軽に購入できるとあって人気です。空港にもあります。

空港に着いたらすぐに手に入れたいという人は、バンクーバー国際空港の国内線ターミナル1階にあります。ちょっと分かりにくいですが、国内線到着ロビーの下になります。国際線からは少し遠いですが空港内です。

とりあえず街に出てからでもいいという人は、事前に場所をチェックしておいてダウンタウンなどで購入を。街中で利用できる無料WIFIなどで場所は簡単にチェックできます。

難点と言えば、アクティベートなどはすべて自分でやらなくてはいけないこと。セブンイレブンはSIMカードの販売のみです。サポートはオンラインか電話になります。料金は特に格安ということはないです。

https://www.speakout7eleven.ca/

フォーンボックス(Phone Box)

こちらは月額プランとプリペードプランの両方が用意されています。プリペードは1カ月単位。通話とテキストメッセージ使い放題にデータが追加されると料金がデータ量に合わせて高くなります。こちらも料金は特別安いということはないです。

最近は新しいプランが登場。Data only and wifi spot planで、3日間プラン、ウィークリープランあり、ただしやや高めです。

フォーンボックスはバンクーバーに店舗があり、SIMカード販売とアクティベートをやってくれます。日本旅行者なら必ず一度は聞いたことがあるOKショップも販売店となっています。ビクトリアやトロント、モントリオールでも入手できますので、詳しくはウェブサイトを参照してください。

ウェブサイトは日本語有りです。
https://gophonebox.com/

SIM Canada Mobility

バンクーバー国際空港に到着してロビーを出る前のインフォメーションセンター横にある外貨両替サービス所(ICE)で入手できます。赤い看板が立っているのでよく分かります。ICEはロビーを出た側からもアクセス可能です。

3日、5日、7日、14日用のSIMカードがあるようです。電話サービスは日本語にも対応しているとあります。

詳しくはウェブサイトを参照: https://simcanadaprepaid.com/index.html

バンクーバー/カナダ携帯各社の主なプリペードサイトはこちら(全て英語かフランス語)

Rogers / Fido / Chatr

Rogers: https://www.rogers.com/web/Rogers.portal?_nfpb=true&_pageLabel=WRLS_PREPAID_LANDING

Fido: https://www.fido.ca/consumer/fido/prepaidplans/addons

Chatr: https://www.chatrwireless.com/ (プリペードプランなし)

 

Telus / Koodo / Public Mobile

Telus: https://www.telus.com/en/bc/mobility/prepaid/?&linktype=nav

Koodo: https://www.koodomobile.com/prepaid-plans

Public Mobile: https://www.publicmobile.ca/ (プリペードプランなし)

 

Bell / Virgin Mobile / Lucky Mobile

Bell: https://www.bell.ca/Mobility/Cell_phone_plans/Prepaid_plans

Virgin Mobile: https://www.virginmobile.ca/en/plans/details.html#!/prepaid/monthly

Lucky Mobile: https://www.luckymobile.ca/ (プリペードプランなし)

 

Freedom Mobile:プリペードプランが登場しました

https://www.freedommobile.ca/en-CA/prepaid-plans

 

Seven Eleven : 最低利用期間は30日から。1カ月ごとに利用期間を延長できるタイプ。30日間で使い切りという使い方で短期旅行用に使用できる。ただ使用開始にはアカウントを作成してログインすることが必要。購入はセブンイレブン各店で。

https://www.speakout7eleven.ca/

 

Phone Box:プリペードプランがあり。最低利用は1カ月。カナダ全国をカバーする通話とテキストメッセージが使い放題。それにデータプラン、1GB、3GB、6GBを選択する。購入はバンクーバー国際空港のICE、もしくはダウンタウンにある店舗で。

https://gophonebox.com/

 

SIM Canada Mobility:バンクーバー国際空港到着ロビーの外貨両替サービス所(ICE)で入手。3日、5日、7日、14日用のSIMカードがあるようです。

https://simcanadaprepaid.com/index.html

 

カナダで購入したSIMカードを使うにはSIMフリースマートフォンが必要

カナダでSIMカードを購入して自分のスマートフォンで使用する場合は、SIMフリーのスマートフォンが必要。各社とも、まずは自身で使用するスマートフォンが各社のサービスに適応しているかチェックする必要があるとしています。

一般的なスマホならまず問題ないです。ただ必ずSIMフリー、もしくはSIMロックが解除されたスマホを持ってきましょう。

各社ともSIMカード代(一般的に10ドル)+消費税が別途かかります。

カナダ専用SIMカードを日本で購入して利用する

さて、ここまで散々バンクーバーで購入できるカナダの旅行に使えるSIMカードプランを紹介してきましたが、そんなことをしなくても最近はカナダ用SIMカードを日本で購入できます。便利な世の中になりました。

日本のアマゾンで、「カナダ、プリペード、SIM」と入力すると、ずらりと出てきます。

どのカードが使い勝手がいいのかの判断は自己責任ということになりますが、ここで紹介したカナダの会社が発行しているものもあるようです。参考になれば幸いです。

レンタル携帯WIFIルーター

レンタル携帯WIFIルーターを希望する場合については、出発前に旅行会社などでカナダでもルーターサービスを行っている会社をチェックすることをおススメします。

無料WIFIを利用する、バンクーバーで提供されている方法は3つ

カナダで旅行用に購入できるSIMカードは1カ月単位のプリペードプランが主流。でも、それほどは必要なく、それでもなくてはならないのがデータ通信。では、どうするか?

最も格安に済ませる方法は、無料WIFIを利用すること。バンクーバーは無料WIFIサービスを提供しているところが多いため、それを上手く利用しましょう。プリペードを購入して利用するほど便利ではないですが、これで十分という人にはおススメ。

1. カフェやショップ、施設の無料WIFIを利用する

街には無料WIFIを提供しているカフェやショップ、施設が多いので、立ち寄った先で無料WIFIを利用。カフェによってはパスワードを必要とするところがありますが、店員に聞けば教えてくれます。もしくはカウンターに表示しているところもあるのでコーヒーで休憩中にWIFIで必要な情報をゲットするのもひとつ。

スターバックスやマクドナルドなどファーストフード店などでも無料で提供しています。パスワードがいらないところも多いです。タクシーでもTelusとの協力により無料WIFIを提供しています。

2. Shaw Go WIFIを利用する

Freedom Mobileを運営する通信大手Shawが提供するサービス。街中に張り巡らせたWIFIスポットで利用が可能。Shawとインターネット・ケーブルテレビ契約をしている利用者は登録すれば無料で自動的に接続できるWIFIサービスですが、契約をしていなくても登録すれば30日間無料で利用できます。

利用方法は、スマートフォンのWIFI接続から、Shaw Guestを選択し、必要事項を入力して登録するだけ。そうすれば、1カ月間無料でShaw Go WIFIにつなぐことができます。

Shaw Go WIFIはバンクーバーでは広範囲にスポットがあるのでかなり便利です。

3. バンクーバー市の無料WIFIを利用する

バンクーバー市が提供しているサービス。2018年2月には接続スポットを増加すると発表してますます充実しているようです。

こちらはTelusが提供している接続スポットとの協力で実現しています。利用するには利用規約に同意することが必要ですが、メールアドレスなどの登録は不要です。

使い勝手がいいとまでは言えませんが試す価値ありです。ただしバンクーバー市内のみ。詳しくは下記サイトを参照。

 

合わせて読みたいおススメ記事