バンクーバー水族館、ベルーガの保有を断念

1536
Belugas, Vancouver Aquarium
バンクーバー水族館にいた頃のベルーガたち。親子かな?

バンクーバー水族館は、イルカやクジラ類の保有を断念すると発表した。人気だった水族館でのイルカやベルーガ(シロイルカ)のショーなどがこれからは見られないことになる。

館長ジョン・ナイチンゲール博士は、反対派やバンクーバー市を相手に討論を続けていたのでは「本来の仕事に支障をきたす」として保有を断念すると語った。

バンクーバー水族館はブリティッシュ・コロンビア州バンクーバー市の人気観光スポット、スタンレーパーク内にあり、市の公園庁が管轄している。

公園庁は昨年5月、バンクーバー水族館が現在保有している以外の新たなイルカやクジラ類の保有を認めないとする決定を多数決で可決した。理由はイルカやクジラ類を水族館の狭い水槽で保有することに倫理的な問題があるからと説明した。背景には保有反対派の猛反発があった。

水族館でのイルカ・クジラ保有については、常に議論されてきた。しかし2016年11月、飼育しているベルーガが相次いで死亡する事件が発生。現在でも原因は特定されていない。これが反対派を勢いづかせた。

公園庁の決定に当時はナイチンゲール館長も「徹底的に戦う」と語っていたが、昨年秋から水族館内で議論を重ねた結果、決定に従うことを決めたと説明した。

しかし、リハビリなどで保有する場合は例外を認められるようこちらは主張していくと語っている。

 

バンクーバー水族館

バンクーバーで人気のアトラクションの一つ。海洋生物の展示という側面よりも、レスキューセンターやリハビリセンターの役割の方が大きい。

世界から傷ついた海洋哺乳類が運ばれ、専門家によるケアが施される。1996年には世界で最初に自然界からイルカ類を捕獲して保有することを禁止した。現在保有しているイルカは、リハビリ後も自然界に帰れないため飼育されているか、水族館で生まれたイルカのみ。

イルカショーなどでは、イルカの生態などについても説明され、海洋生物の教育機関としての役割も担っている。

その他には、BC州沿岸の海洋生物の生態の管理や研究の他、環境問題の提起や海岸線の清掃なども行っている。

また世界の水族館との連携や協力も行っている。日本の水族館ともつながりが深い。東日本大震災で崩壊した福島の水族館「アクアマリン福島」の復活のためにもスタッフを派遣している。

関連記事:バンクーバー水族館へ行こう

記事提供: The Pacific Post ; バンクーバー水族館、ベルーガの保有を断念