Vancouver Waterfront; File photo by ©Pacific Walkers
ここからの眺めが最も美しいバンクーバー・ウォーターフロント。File photo by ©Pacific Walkers

ブリティッシュ・コロンビア州政府はメトロバンクーバーで新たに8人の感染が確認されたと3月5日に発表しました。

BC州衛生保健局長ボニー・ヘンリー博士が記者会見で説明したところによると、4人は3月3日に感染が確認されたイランから帰国した60代男性の家族。フレーザー保健区域内の20代男性、30代男性、50代女性、60代女性ということです。

それ以外の4人のうち2人はイランから帰国したバンクーバー保健区域内60代男性と50代女性。

7人目はワシントン州シアトルからメトロバンクーバー(フレーザー保健区域内)にいる家族を訪問している女性で、ワシントン州で感染が拡大している地域に在住していることが分かっていると報告しました。

重要視されているのは8人目で、コミュニティ内で感染したとみられると説明しました。感染が確認されたバンクーバー保健区域内の50代女性は海外への渡航歴がなく、周りに渡航歴がある家族もいないとのこと。

BC州では現在インフルエンザの患者にもCOVID-19検査を実施し、その検査の中で見つかったと説明しました。現在感染経路を調査中で、カナダで感染経路が分からない初のケースとなったことから、この女性がどこから感染したのか調査を注視しているとヘンリー博士は語りました。

これでBC州では21人の感染が確認されたことになります。

BC州エイドリアン・ディクス保健相は、依然としてBC州での感染拡大の可能性は低いと強調しました。

ヘンリー博士は、予防としてまずは手洗いを徹底すること、決してパニックになることはなく冷静に対応してほしいと語りました。

今日またBC州保健省の記者会見があるということで、新しい動きがあれば情報更新します。

バンクーバー、ブリティッシュ・コロンビア州を含むカナダ全体の感染情報、入国情報、渡航情報、予防策、連絡先など、最新情報はこちらで毎日更新しています。

バンクーバーのビジネススクールでCOVID-19感染の疑いがある学生2人

バンクーバー・ダウンタウンにあるビジネススクール、ユニバーシティカナダウエスト(UCW)に通う学生1人が新型コロナウイルス感染の疑いがあることが分かったとして、学校側が自主的に9日まで休校にしたことが5日に分かりました。

現在この学生とルームメートが隔離されているということです。

同校によるとこの学生のところに最近海外に住む父親が訪問していて、この父親がウイルスに感染していたことが分かったといると説明しています。

UCWは学生についての詳細は発表していません。

5日の記者会見で、ヘンリー博士はこの日発表された事例の中の一つとUCWの休校が関係していると明らかにしています。どの事例かは特定していませんが、BC州保健省で把握しているということです。

BC州の国境は現在特定の地域からの入国者に対して入国拒否という対応を取っていません。海外から渡航する人には、インフルエンザのような症状が出た場合は、速やかに保健機関に連絡するよう呼びかけています。

該当すると思う場合は、他の人に移さないためにもBC州保健省の要請に従ってください。

連絡先は、電話番号の811です。

バンクーバー、ブリティッシュ・コロンビア州を含むカナダ全体の感染情報、入国情報、渡航情報、予防策、連絡先など最新情報はこちらで毎日更新しています。

 

関連おススメ記事