バンクーバーで最も人気の観光スポットといえば、「グランビルアイランド」。パブリックマーケットを中心に、約300軒ものショップが所狭しと並んでいる。キツラノ地区の入り口にあたるこの島はバンクーバーでも特別な場所だ。

ローカルフードが盛りだくさん! 見ているだけでも楽しいパブリックマーケット

Public Market in Granville Island, Vancouver, Canada; Photo by ©Pacific Walkers
グランビルアイランドの象徴パブリック・マーケット。Photo by ©Pacific Walkers

新鮮な野菜や果物、精肉、シーフード、スイーツ、フラワーなどなど、見ているだけでも楽しいパブリックマーケット。

その周りでは、さまざまなイベントが行われていたり、クラフトショップが並んでいたり、劇場やギャラリーがあったり。飽きることがありません。

また、アーティスト多いことでも知られ、ガラス工芸、ジュエリー、先住民族アートなど、ここに来れば必ずお気に入りの店が見つかるのも人気の秘密。

そしてウロウロしてお腹が空いたらパブリックマーケット内のフードコートやレストランで一休み。バンクーバー市民が好むグランビルアイランドビールは、元々ここで製造されていました。今でもビールが楽しめるちょっとしたレストランはそのまま残っています。色々な味が楽しめるパドルがおススメです。

元は工業用の島だった?バンクーバーでも意外な過去を持つ島

Olympic Line at Granville Island Station, Vancouver, Canada, 2010; Photo by ©Pacific Walkers
2010年復活した時の列車はカナダのボンバルディア社が製造。内装はBC州の製材を使用した木目調と木の香りのするお洒落な作りと
なっていた。五輪閉幕と同時にサービスを終了した。Photo by ©Pacific Walkers

もともとここはフォールスクリークからの砂がたまってできた干潟で、ファーストネーションズの人々が漁場としていました。1916年に人工的な島として完成。1950年代には今のように島ではなく、完全にキツラノ地区側と繋がっていました。

戦前戦後には工業地帯として発展。当時は列車が走っていて今でも線路は残っています。今でもその名残を見ることができます。2010年のバンクーバー五輪の時には電車が復活しました。

元はインダストリアル・アイランドと名付けられていましたが、真上を通るグランビル橋から今の名前が定着したということです。

1970年代に連邦政府が大枚をはたいて今の姿へと大転換。一大観光スポットへと変貌しました。今では年間1000万人が訪れる超有名スポットです。

現在でも国有地で、1972年から連邦機関カナダ・モーゲージ・アンド・ハウジング・コーポレーション(CMHC)が管理しています。

未来へ向けて、新しいプロジェクトで生まれ変わる「グランビルアイランド」

Vancouver Aquabus, Vancouver, Canada; Photo by ©Pacific Walkers
フォールスクリークを往来する色彩が楽しいアクアバス。ダウンタウン・グランビルアイランドの移動に便利。Photo by ©Pacific Walkers

そして今、次世代へ引き継ぐためのプロジェクトが始まっています。CMHCは2018年6月、2040年に向けたプロジェクト「グランビルアイランド2040」を発表しました。1980年からこの地でアーティストたちを輩出してきたエミリー・カー美術大学が2018年1月に転出したことをきっかけに、新たなグランビルアイランドを目指すとしています。

どんな姿になっても、観光客、地元住民に愛される場所であり続けることに変わりはありませんね。一日中いても飽きない、バンクーバーに来たら必ず押さえておきたい観光スポットです。

グランビルアイランド: http://granvilleisland.com/

グランビルアイランドにはダウンタウンからならかわいいアクアバスが便利: http://theaquabus.com/

Granville Island, Vancouver, Canada; Photo by ©Pacific Walkers
パブリック・マーケットの外で人々が食事や音楽を楽しむ。Photo by ©Pacific Walkers
Vegs at Public Market in Granville Island, Vancouver, Canada; Photo by ©Pacific Walkers
新鮮な野菜が並ぶパブリック・マーケット。Photo by ©Pacific Walkers
Granville Island Brewing, Vancouver, Canada
今でもここでビールが楽しめるグランビルアイランド・ブルーイング。
合わせて読みたいおススメ記事