「世界の8大グルメ観光地」

417
Lobster Party, PEI
てんこ盛りのロブスター。こんなの見たことない。Photo: ©Tourism PEI / Stephen Harris

「赤毛のアン」のイメージが強いプリンス・エドワード・アイランドだが、実は知る人ぞ知るグルメ天国。

Covehead Wharf, North Shore, PEI
どのメニューも美味しそう。中でも、ロブスターロールが気になる…。ランチにおススメのコーブヘッド・ワーフ地区で。Photo: ©Tourism PEI / Paul Baglole

ロブスターや牡蠣、ムール貝など高級食材の宝庫で、シーフード好きにはもうたまらない。ロブスターを惜しげもなく使ったロブスターサンドイッチなんて夢のようだ。

また、この島はジャガイモの産地としても知られている。国内消費量の25パーセントをこの島だけで生産している。この独特の赤土がその秘密だそう。ジャガイモの白い花が咲く頃、この島は赤と白のコントラストとなる。

そしてこの島自慢のスイーツといえば、Cow’sのアイスクリーム。初めてカナダに来て、このアイスクリームを食べた時のその美味しさは衝撃的だった。「カナダはアイスクリームが美味しい」と完全にインプットしてしまった。その確信は今でも変わっていない。

現在は全国12店舗。以前はバンクーバーのロブソン・ストリートにもあったが、今はブリティッシュ・コロンビア州ではウィスラーのみ。BC州でPEIを味わいたいならぜひ。かわいい牛のキャラクターが目印。

他にも、オーガニックフードに力を入れていたり、小説にも何度か登場するフルーツが豊富だったりと、米国グルメガイド「ZAGAT」で「世界の8大グルメ観光地」に選ばれた「食」の実力は伊達ではないのだ。

写真協力: プリンス・エドワード島州政府観光局
All photos: Courtesy of Tourism PEI

Part 1: アンが愛した世界一美しい島:プリンス・エドワード・アイランド
Part 2: 「赤毛のアン」に会いに行こう
Part 4: カナダ建国の地 : PEI
Part 5: プリンス・エドワード・アイランドについて

保存

保存

保存

保存

保存