建国150周年記念 カナダ国立公園入場料無料パス「2017ディスカバリー・パス」(2017年)

409
event-discovery-pass-canada150
カナダ建国150周年を記念して配布されているDiscovery Pass。国立公園の入場料が2017年に限り無料となる。

2017年7月1日「カナダデー」にカナダは建国150周年を迎える。それを記念して、カナダ政府が国立公園入場料無料パス「2017ディスカバリー・パス」配布した。今回はこの「2017ディスカバリー・パス」を紹介しよう。

これは、カナダの国立公園を管轄する「パークス・カナダ(カナダ公園庁)」が発行しているパス。

入手方法は、ウェブサイトから申請し郵送してもらうか、配布している場所でも手に入れることができる。配布場所のリストはこちら。バンクーバーではツーリズム・バンクーバー案内所や、カナダを代表するアウトドア店MEC(Mountain Equipment Co-op)全国各店で扱っている。

evet-discovery-pass-canada
カナダ建国150周年を記念して配布されているDiscovery Pass。国立公園入場料が無料となる。

郵送の場合は、申請から手元に届くまで6~8週間かかる。

基本的にパークス・カナダが管轄する、カナダの国立公園(National parks)、国定海洋保護地域(National marine conservation areas)、国定史跡(National historic sites)が対象。入場料とそれに伴うサービスなどが含まれる。ただし、場内でのツアーや駐車料金などは対象外となっているところがある。各公園によって事情は異なる。国立公園内でのキャンプ料金も対象外。

使い方は、このパスを自動車のフロントガラスのバックミラーに掛けておくか、ダッシュボードに見えるように置いておく。一人1つ持つ必要はなく、1グループに1つ、もしくは自動車1台に1つで利用できる。

パークス・カナダでは、国立公園などを旅行する時のさまざまなヒントを紹介している。もし、国立公園を訪れたいと思っている人はぜひ参考に。www.pc.gc.ca/en/voyage-travel(英語・仏語)

カナダ国立公園の紹介は、パークス・カナダHPに掲載されている。雄大な大自然を守るため、環境に配慮した制度が取り入れられているところも多い。そこはルールに従って楽しもう。美しい大自然が残るカナダならではの国立公園も多く、この機会にぜひ訪れてみたいところばかりだ。

パークス・カナダHP:www.pc.gc.ca/en/index

国立公園への旅のヒント:www.pc.gc.ca/en/voyage-travel

申請などパスについて:www.commandesparcs-parksorders.ca/webapp/wcs/stores/servlet/en/parksb2c

入場料無料パス配布場所リスト:www.pc.gc.ca/en/voyage-travel/admission/endroits-locations

対象となる公園や地域はこちらから検索できる:www.pc.gc.ca/en/voyage-travel/recherche-tous-parks-all

パークス・カナダ

Facebook:www.facebook.com/ParksCanada/

ツイッター:twitter.com/ParksCanada

ユーチューブ:www.youtube.com/user/ParksCanadaAgency

インスタグラム:www.instagram.com/parks.canada/

保存

保存

保存